キャッシング審査の在籍確認について

キャッシング契約で会社連絡はあるのか?

1位 即日キャッシングと金利ゼロサービスが魅力のアコム
アコム

 

アコムの強み
〇土日・祝日も即日融資対応!(審査回答まで最短30分以内)
〇初回申込みかつ返済期日「35日ごと」で契約すれば、30日間の金利ゼロキャッシングができます!
〇楽天銀行口座があれば24時間365日振込融資ができます!
〇初めのアコム♪のフレーズ通り、使いやすいので初心者向け
〇パートやアルバイト、自営業でも安定収入あれば利用可能です!

 

アコムに申し込むならコチラ!

 

2位 金利ゼロサービスと瞬フリが強みのプロミス
最短1時間融資

 

プロミスの強み
〇消費者金融トップクラスの低金利!
〇初回限定30日間の金利ゼロキャッシングが可能!(メールアドレスの登録とWEB明細の利用が条件)
〇三井住友銀行か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間いつでも振込融資可能な瞬フリサービスあり!
〇WEB完結で利用したいならカードレスも可能!
〇パートやアルバイト、自営業でも安定収入あれば利用可能です!

 

プロミスに申し込むならコチラ!

 

3位 『WEB完結申込み』で内緒で借入可能なモビット
竹中さん 即日バナー 200x200

 

モビットの強み
〇『WEB完結申込み』なら電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング契約できます!
〇即日融資に対応 (コールセンター(フリーダイヤル)で急いでほしいと伝えれば更に急いで即日融資)
〇提携ATMが多いので借りやすい
〇モビット公式のスマホアプリなら、本人確認書類などをスマホで撮影し、簡単に転送が可能です!
〇パートやアルバイト、自営業でも安定収入あれば利用できます!

 

モビットに申し込むならコチラ!

 

 

キャッシングの契約をする際、審査時にどうしても必要となるのが会社などに連絡をする在籍確認です。ネットなどを見ていると在籍確認が無いカードローン会社があるような情報サイトもあったりしますが、基本的には全てのカードローン会社で在籍確認は行っていると思って下さい。少なからず大手消費者金融では必ず会社連絡などの在籍確認は行っています。

 

では、会社連絡などの在籍確認はどのように行われるのでしょうか。実際、会社に連絡が来るというのはあまり嬉しいものではありませんよね。しかし、カードローン会社が行っている在籍確認の方法を知ることで少しはご安心頂けると思います。もしも、在籍確認がネックとなってカードローンのご契約を躊躇っていたという方はこれから解説する在籍確認の方法をお読み下さい。

 

キャッシング契約時における在籍確認の方法で、まず勘違いして欲しくないのはカードローン会社ということを知らせた上で在籍確認をしないということです。会社などに連絡をする際は、名前だけを名乗ったり、携帯電話が繋がらなかったので会社に電話したのですが…などといったかたちでカードローン会社による在籍確認と思われないように配慮をする場合がほとんどです。ですので、普段会社の電話を取るような業務に就いていない方でも安心ですね。カードローン会社にとっても、ご利用者様の方々が会社への在籍確認は出来ればやって欲しくないものということは理解しています。しかし、契約を履行する以上会社への在籍確認はどうしても必要です。そんな中で、カードローン会社も最大限の配慮を行いながら在籍確認を行いますので、不安に思われていた方は安心して頂ければと思います。

 

カードローン会社もしっかりと配慮はしてくれるとはいえ、それでも会社まで在籍確認は必ず来ます。それが嫌で在籍確認のないカードローン会社を利用しようと思っている方がいるならその考えは改めて下さい。確かに、在籍確認は無い方がいいですが、逆に言えば在籍確認も行っていないようなカードローン会社からお金を借りるのは危険行為だと言えるということです。どこに勤めているかもわからない人にお金を貸すのですから金利は当然高くなりますし、返済が遅れてしまった場合など自宅に取り立てに来る場合だって考えられます。

 

審査が甘いということは、その分どこかにデメリットとしてしわ寄せされているはずです。金利が高かったり、サービスが適当だったり、取り立てなどで嫌がらせをされるケースもあります。このようなことにならない為にも、しっかりとした審査を行っているカードローン会社を利用することが大切です。安心したキャッシングライフを送る為には、信頼出来るカードローン会社を選ぶことも大切なんです。当サイトでご紹介するカードローン会社はしっかりとした審査を行う信頼の出来るカードローン会社ばかりですので、キャッシングをご利用の際は当サイトでご紹介するカードローン会社もご参考になられてみて下さい。

 

お金を借りたい即日【今すぐお金を借りる必要がある方はコチラ】トップページへ